Yusuke Chiba

記事一覧(75)

次なる20年のための確かな一歩。【cro-magnon】

cro-magnonボストンで出会った3人が日本に帰国してバンドとして活動をはじめてからちょうど20年。cro-magnonとしてスタートしてから15年になる。バンドとして継続的に時間を共にするために、新たな一歩を記す。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 伊藤愛輔 photo = Aisuke Itoー 新作がリリースされました。何年ぶりになるのですか。コスガ 4年半ぶりになるのかな。大竹 作り出したのは3年くらい前。どういう形になるのかは別にして、常に新しい作品を作りたいとは思っているのだけど。かつては1年に1枚のペースでリリースするのが当たり前のようなサイクルで、それが当たり前じゃなくなってきたっていうか。ー むしろ1年に1作品というペースが異常のようにも感じる。もちろん、そのペースで作品を表出し続けられるアーティストもいるのだろうけど。大竹 これから20年30年と続けていくうえで、自分たち主体で制作をしてみたいという思いが強くなって。新たなやり方みたいなものをいろいろと話したり構築したりするのに、けっこう時間がかかった。新しいcro-magnon、制作チームとしてのcro-magnonもなんとなく見えた。時代の流れに沿ってクリアできた結果としてこうして新作ができたのだから、さあまた作ろうっていう気持ちが充満していますよ。ー 確かにcro-magnonがスタートした時代と違って、作品の形が違ってきているよね。 CDやアナログだけではなくなったというか。金子 CDの価値がどんどん低下していると思います。若い世代が、どれだけCDという形を欲しているのかわからないし。大竹 でもデータだけだと残っていかないと思う。誰かの家やスタジオに行って、自分の好きな作品を見つけたとする。それだけで同時代を生きている繋がりが感じられたりするじゃないですか。コスガ 今はシングルで1曲ずつダウンロードできるし、アルバムのこの曲だけっていう聞き方もある。アルバムとなるとコンセプシャルなものだし、なかなか難しいかもみたいなことを最初は3人で喋っていましたね。でも結果としてアルバムになった。新作は現在のcro-magnonそのものですよ。等身大のcro-magnonかもしれない。大竹 十数年前とは状況が変わってきている。それに対応して俺たちは新たなスタートを切った。そしてここから20年30年歩み出せる。

小笠原の日常から生まれる視点を紙で伝える。【ルディ・スフォルツァ(フリーペーパーORB)】

ルディ・スフォルツァ(フリーペーパーORB)暮らしている人間の視点で小笠原を伝え、小笠原の生の声を残したい。その手段としてウェブではなくフリーペーパーというメディアを選択した。発行したことで、自分のなかに潜んでいた軸を見いだすことができたという。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 林 大輔 photo = Daisuke Hayashiー 生まれはどちらなのですか。ルディ 東京で生まれて東京で育って。父がイタリア人です。高校の頃に家族がスイスに引っ越したこともあって、しばらくスイスに住んでいました。高校を卒業してから、日本の大学に進学すると決めて自分だけ戻ってきて。友だちが日本には多いという理由で、それほど深く考えることなく日本の大学を選んだんですけど。ー 小笠原に移住したのはいつ頃だったのですか。ルディ 2012年です。その前に小笠原に3回来ていて、2回目には引っ越すことを考えていましたね。ー 小笠原のどこに惹かれ移住を決めたのですか。ルディ 小笠原がものすごくきれいな場所だったということはもちろんあります。それ以前に、東京を出たいという思いを抱いていて。何か理由を見つけて、東京から離れてまったく違うところに行ってみたいという考えがありました。確かに10代の頃は東京が刺激的で、都市にいることがすごく楽しかった。大人になってからは生きていくためにどんな仕事をするのかっていうことが大きくなっていった。それがストレスになっていたんでしょうね。実際に身体がおかしくなったこともありましたし。ー島ので暮らしは最初から受け入れてもらえたのですか。ルディ 基本的には誰に対してもウェルカムなんですよ。みんな間違いなく優しい人たちです。それを遊びに来ていた頃から感じていました。これが小笠原に惹かれた理由のひとつです。ただ実際に住みはじめて、どんどんその社会に混じっていく段階に入っていくときに、線っていうものがはっきり現れてくると思うんです。なかなかローカルにはなれないっていうか。その線があることはむしろ正しいことだと思います。ーなぜフリーペーパーを小笠原で作ろうと思ったのですか。ルディ 最初の3年間で島で暮らしていけることを確立させ、それができた次の3年は自分自身がこの島のなかでできることを作るっていう目的を決めたんです。『ORB』を創刊したのは2016年でした。もともと表現することが好きでしたし、若い頃は音楽もやっていたし、絵を描くことも好きだったし。表現プラス発信することができないかなって思って。この島って発信することが少ないってずっと思っていたんです。観光資源についてはいくらでもあるんですけど、それ以外のこととなるとさっぱりなくて。例えば人々の暮らしぶりを発信することはまったくない。グリーンぺぺというカフェレストランがあって、マスターのシローさんとずっと仲良くさせてもらっているんですけど、彼が40年くらい前に小笠原のローカル紙を仲間たちと自費で作っていたということを聞いて。「40年前に同じことを考えてやっていた人たちがいたんだ」って知ったら、今やらなければならないことだって思ったんです。自分は英語も日本語も書くことができましたから、他の人はやっていないし、できないだろうと。

小笠原の近未来を フェスで描く。【斎藤崇志(Ogasawara Music Festival)】

斎藤崇志(Ogasawara Music Festival)〈OGASAWARA MUSIC FESTIVAL〉を島発信の文化にすべく、できる限りのアクションとアイデアを注ぎ込んだ。島という特性を生かしたフェスのあり方を探り、自分たちでもより楽しめるフェスを作り上げた。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi  写真 = 林 大輔 photo = Daisuke Hayashiー 小笠原にはいつ来たのですか。斎藤 昨年の12月で6年になりました。ー 小笠原に来る前はどんなことをしていたのですか。斎藤 私立の高校で英語を教えていたんです。ある授業で「将来やりたいことをいっぱい書きましょう」っていうアンケートをしたんです。おもしろいそうだなって思って自分でもいろいろ書いていったんですね。50個出そうと思ったんですけど、結局30個くらいしか出てこなくて。ロンドンでDJをしたいとか映画を作りたいとか。そのなかのひとつに無人島に行きたいというのがあったんですよ。担任の生徒が卒業のときに、なんかしんどそうな顔をしているのが多かったんですよね。「漫画家になりたいんだけど、まだ無理なので調理の世界に行きます」とか「外国に行きたいんだけど、英語ができないから」とか。みんなやりたいことを持っているのに、それを抑えこんでしまっている。生徒たちの顔を見ていたら、自分のやりたいことを実現させなきゃと思って仕事を辞めたんです。ーそれで小笠原に?斎藤 そして向かったのがヨーロッパでした。あわよくばそのまま住もうかと思っていたんですけど、結局半年くらいヨーロッパを転々として。自然の写真を撮りたいっていうのもリストに入っていたんです。貯金も底をついて日本に帰ってきて。旅しているときに自然なら小笠原がいいよって誰かが言っていたことを思い出して、小笠原のことを調べたら、無人島の仕事があるっていうのを見つけて。「これじゃん」って思って。ーその無人島の仕事というのは?斎藤 聟島での外来種の駆除の仕事でした。一週間くらい島にいて、2日くらい父島に戻ってくる。聟島ではテント暮らしです。それを半年くらい続けたかな。聟島では楽しみを自分で作らなければならないから、楽器を少しずつ持ち込んでいって。プロジェクターを持ち込んで映画の上映会もして。最後は打ち上げと称してスピーカーとDJ機材も持ち込んで、みんなが撮った写真をスクリーンに投影して。ー無人島パーティーですね。斎藤 そんなこともあって、父島でもパーティーをやらせてもらえるようになったんです。

島の素材を再生させるジャンベ。【木村優(太鼓と器KIMURANOKI)】

木村優(太鼓と器KIMURANOKI)小笠原の素材を使って楽器や器を作りたい。捨てられてしまうのではなく生きていたものを再び別の形で生かす。島固有の自然を守り、文化にまでつなげていくためのも物作り。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 林 大輔 photo = Daisuke Hayashiー 島に来る前は、どんなことをしていたのですか。木村 函館出身で北海道の自衛隊にいたんです。たまたま野生のイルカと泳ぐドキュメンタリー番組を見て、「一緒に泳いでみたい」って衝動にかられて。それでいろいろ調べたら、東京の学校でドルフィンセラピーというイルカの癒しの力を学ぶ学科ができたことを知って、自衛隊を辞めて入学したんです。卒業する際に、小笠原の野生のイルカと泳ぐツアーを運営する会社に履歴書を出して、期間限定の現地スタッフとして採用されて、島に来ました。ー 現地スタッフとしてはどのくらいの期間だったのですか。木村 半年でした。すぐに島を離れるのはもったいないから、もう少しだけいようと思って。1年くらいしたら島を出ようと思っていたんですけどね。ー島が好きになってしまった?木村 住んでいる人たちがおもしろいんですよ。すげえ個性が強い人たちがいっぱいいる。そこに魅かれたのが大きいですね。ーそしてジャンベを作るようになっていったのですね。木村 島に来て、農園を営んでいる方のジャンベを見たときに、めちゃかっこよくて、自分でもやりたいなって思ったんです。それでジャンベを買って、叩くようになって。僕はサーフィンもするんですけど、サーフボードがいっぱい並んでいるのを見るだけでドキドキしてしまうことってあるんです。ジャンベがいっぱい並んでいるのを見たときにも同じ感覚になって、どこで、誰が、どんなふうにって想像してしまう。純粋にこれを作りたいと思ってしまったんです。

歌うことを大切にしていた自分からの覚醒。【児玉奈央】

児玉奈央セルフプロデュースした作品をはじめて制作した歌い手。すべてが自分の判断に委ねられていく。一歩一歩進んでいくなかで、新しい自分が発見できたという。文 = 宙野さかな text = Sakana Sorano写真 = 北村勇祐 photo = Yusuke Kitamuraー 『IN YOUR BOX』はソロのオリジナルアルバムとしては9年ぶりのリリースになるのですね。奈央 曲はできていて、3年くらい前に出そうと思って動いてはいて、デモも録っていたんですけど。自分のなかで「ちょっと待てよ」っていう思いが出てきちゃって。素晴らしいミュージシャンが集っていてクオリティとしてはまったく問題ないんですけど、自分の心持ちがすごく足りない気がして。そこで一回ストップしちゃったんです。ー 再びレコーディングしようと思ったきっかけは?奈央 空いていたピースが埋まってきたって感じたんですね。ひとり目の子どもを産んでから、もう少しで10年になるんです。産む前の感覚に戻ってきている気がしていて。身体もクリエイティビティも。ー 子どもの手が離れたとこともその要因にある?奈央 それもすごくあると思うんです。自分の時間もすごく持てますから。自分の人生みたいなものがすごく戻ってきた感じなんです。しかもバージョンアップされている。「あ〜、作りたい」という気持ちが3年前よりも数倍高まってきて。

島と都市をつなぐためのフェスという時間。【OGASAWARA MUSIC FESTIVAL】

OGASAWARA MUSIC FESTIVAL本土復帰50周年イベントとして開催された〈OGASAWARA MUSIC FESTIVAL〉。島という場所でのフリーフェスに流れていたものとは。小笠原という特別な場所での特別な時間。文= 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 林 大輔 photo = Daisuke Hayashi 小笠原でフェスが開催されているのを知ったのは、初回が行われた2016年の開催直前のことだった。出演するサックスプレイヤーの元晴さんのフェイスブックがその情報源だったと思う。当時は〈OGASAWARA ISLAND JAZZ〉という名称だった。小笠原で開催されるフェスってどんな雰囲気なんだろう、どんな人たちが集うんだろう。そんな興味を抱いた。 第二次世界大戦終戦によって、連合国軍の施政権下にあった小笠原が本土に復帰したのが1968年。50年にあたる2018年に〈OGASAWARA MUSIC FESTIVAL〉が開催された。幸運にも、この記憶にも記録にも残るであろうフェスに参加することができた。 小笠原に本土から入港する定期船は6日に一便。出演するミュージシャンも、必然的に観光客やフェスに参加するファンと同じ船に乗船することになる。24時間にも及ぶ船の旅。行きの船内では、フェスに出演するミュージシャンのライブも行われた。船での時間からすでにフェスがはじまっている。 東京から南へ1000キロ。海の色が明らかに変わり、秋から夏に季節が戻ったように感じる。船が到着する父島の人口は2100人余り。船は定員は900人弱だ。この船で生活物資も運ばれている。10月の小笠原の日中の平均気温は26度ちょっと。昼はTシャツ、夜になればシャツを羽織る程度の気温。暑すぎるわけでもなく、湿気でむしむしするわけでもない。台風が来なければ本当に心地よい季節だ。

最先端の共生。giFtという場作り。【山之内匠(天草/giFt)】

山之内匠(天草/giFt)突然に親から告げられた伊豆南への移住。天草としての活動、giFtをスタートさせた今、それは決まっていた必然だったのかもしれない。脱資本主義のひとつのスタイルとしてのドネーションでの場作り。古くて最先端の共生がここから発信される。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 宇宙大使☆スター photo = Uchu Taishi ☆ Starー まずgiFtのコンセプトを教えてください。匠 端的に言うと、giFtボックスで1階部分のスペースを成立させようということなんです。投げ銭、あるいはお賽銭であり寄付でもあるかもしれない。いろんな言い方があると思うんですけど。例えば誰かがコーヒーを飲んだとします。このボックスに100円を入れてくれるかもしれないし200円かもしれない。それはあくまで、こちらが決めるものではなく、払う人の気持ちもそこに含まれるというか。ー 値段が決まっていないということ?匠 サービスも値段も決まっていなくて。ー そもそもは商店街にあるこの場所を活用しようということからのスタートだったのですか。匠 南伊豆の地方創生という動きのなかで集まってきた人たちがいるんです。その人たちに僕が話を聞きにいくなかで、商店街で何かをやりたいっていうことになったんです。そして多拠点居住、コワーキングスペースっていう要素を含んだ場所を作ろうという話になって。

サーフィン文化を 日本に定着させるために。【進士剛光(RINE SURF)】

進士剛光(RINE SURF)目の前に海が広がり、当たり前のようにサーフィンをするようになった少年はプロサーファーとして世界の波にも乗るようになっていた。海への感謝を込めて、サーフィンの魅力を伝えているpatagoniaのアンサダー。文 = 宙野さかな text = Sakana Sorano写真 = 宇宙大使☆スター photo = Uchu Taishi ☆ Starー サーフィンをやるようになったのは何歳の頃でしたか?進士 親が言うには3歳のようです。自分では覚えていないんですけど。親がサーファーでしたから。ー 生まれが下田?進士 そうです。家から海がすぐで、サーフィンが生活のなかにあるという環境でした。ー サーフィンのプロになったのは?進士 19歳のときです。サーフィンが好きで、上手になりたいと小さな頃からずっと思っていて。そのひとつの目標がプロだったのかもしれません。サーフィンをしていると友だちがいっぱいできるんですよね。高校くらいまでだったら、同じ年で同じ学校でというくらいしか友だちが作れないんでしょうけど、サーフィンを通して、他のところの人とも仲良くなれたし、年齢の離れた人とも知り合えた。いいことも悪いことも全部教えてもらって(笑)。ー 下田の海はサーフィンにとってはどんな環境なのでしょうか。進士 自然が残っていて、海の水はきれい。ライフスタイルとしてサーフィンが残りやすい波だと思います。サーフィンをスポーツとして考えているよりも、楽しみとしてとらえている人が多いと思いますね。ー それでは進士さんにとって海はどんな存在なのですか。進士 やっぱりないと困りますよね(笑)。海で仕事もさせてもらっているし。自分が生きている場所ですね。海が何らかしらの答えを教えてくれる。海に入る前とか後に、海に対して祈ることがあります。サーフィンをさせてくれた親、身近にある自然環境、そして現状や未来。心のどこかで海に感謝しているんでしょうね。ー 当たり前にあるものこそ、本当はもっとも大切なものであると。進士 山も川もきっと同じようなものなんでしょうね。特に自分に縁が深かったのが海であって。ただ同じような環境で生まれ育っても、他の土地に行ったり、海とはまったく関係ない仕事に就く人のほうがむしろ多い。だから自分は恵まれているんだと思います。

原宿から伊豆南へ。戻る場所を確認するために。【リリー&とおる(As it)】

リリー&とおる(As it)シーズンに入るとほぼ毎週末にどこかのフェスかイベントへ。自然のなかや地方都市から原宿に戻るというサイクルが続いた。果たして原宿は戻るべき場所なのだろうか。その答えを探すために伊豆南での暮らしがはじまった。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 宇宙大使☆スター photo = Uchu Taishi ☆ Starー ふたりはいつ頃から伊豆南方面に来るようになったのですか。リリー 震災があってからですね。とおるがサーフィン、私がボディボードをやっていることもあって、休みが取れればよく海に行っていました。震災後、湘南から北の海には入らなくなって。それで伊豆南に来るようになったんです。来るとペンションや民宿などで部屋を借りて泊まることになる。それだとお金もかかるので、物件を借りたほうがいいねって話が出て。それで下田の外浦に家を借りたんです。オフの時間を充実させるために。ー それは何年くらい前のこと?リリー 3年半前ですね。とおる 以前から知っていた人たちも少なくなかったんですけど、少しずつ知り合いも増えていって。来るたびにいいところ、いい人と出会うことができたから、どんどん深さも広がりも出てきて。ー そして原宿にあったSOLを閉めて、伊豆南に越してきた。リリー SOLは原宿で18年やっていました。イベントやフェスの出店のときには、スタッフにお店を任せて。出店が終わって、伊豆南に一戻ってきて疲れをとってリセットして、原宿の店に戻る。原宿ではお店に寝泊まりする。そんなスタイルでしたね。とおる 僕にとっては、原宿はいたい場所ではなかったし。ーフェスにはいつ頃から出店するようになったのですか。リリー 10年くらいやっています。もともと音楽イベントが好きだったので。だから出店という名目で遊びに行くというのがはじまり。最初はフェスに行きたいという気持ちがあって、じゃあ出店という形態にしたらいいかって。出るようになったら、やっぱり楽しくて。そこで出会う人たちも刺激をもらえる人が多くて。そこでつながって、今度がこんなイベントがあるからって誘われるようになって。

自由に自分らしく生きるための サーフィンとデッド。【ノブ(SPICE DOG)】

ノブ(SPICE DOG)サーフィンをするために、なんとなくやってきた伊豆南。そこには旅では得られない何かが存在していたのだろう。旅、そしてグレイトフル・デッドで教えてもらった共感を、ゆっくり大切に次世代にバトンタッチしている。文 = 菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真 = 宇宙大使☆スター photo = Uchu Taishi ☆ Starー 伊豆にはいつ来られたのですか。ノブ 1980年です。目的はサーフィンですね。南伊豆に見晴亭というところがあって、そこに住んでいる友だちが、冬は暖かいしサーフィンができるから遊びに来ないかと誘ってくれたのがきっかけ。じゃあ行ってみようかという軽い気持ちでしたから。ー それまでは何をなさっていたのですか。ノブ 遊んでいましたね。いろんなところを旅して。80年に来る前はネパールに行っていました。ー 見晴亭というコミューンみたいなものがかつて南伊豆にあったという話を聞いていました。そこはいわばどういうところだったのですか。ノブ 平山さんというおじいちゃんがいて、その人が小屋を建てて、その小屋をみんなに貸してあげて。借りている人たちが内装なんかを自由にやって。旅から帰ってきた人とか、いろんな人が住んでいたんですね。見晴亭は石廊崎の手前にあったんですよ。そこはサーフィンのポイントでもあって。ー コテージは何軒くらい建っていたんですか。ノブ 多いときで10棟くらいあったんじゃないかな。ー 見晴亭は何年くらいに生まれたんですか。ノブ 70年代のはじめ。72年か73年頃だと思います。おじいちゃんの実家が民宿をしていたそうなんです。横浜の方で船大工をしていたんですけど南伊豆に戻ってきて、実家を継ぐのが嫌で、自分でコテージを建てて貸したのがはじまりだと聞いています。見晴亭をきっかけに南伊豆に来て、ヒッピー的な暮らしをしている人は少なくなかったと思いますよ。『人間家族』の編集部もありましたし、ラスタコミューンもありましたから。