YUSUKE CHIBA

記事一覧(47)

バンドとプロダクションという ふたつのベクトル【WONKインタビュー】

ジャズ、ヒップホップ、R&Bなどのブラック・ミュージックを現代のバンドサウンドとして再構築すること。2月には初のヨーロッパツアーも敢行したWONKのさらなるビジョン。文=菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真=伊藤愛輔 photo = Aisuke Ito––– 去年あたりから急激にWONKとい名前をメデイアなどで見るようになりました。アラタ 結成は2013年なんです。ライブを定期的にやるようになったのが去年の1月からですね。––– どういった経緯で結成に繋がっていったのですか?エザキ 僕らは大学のブラック・ミュージック系のサークルで出会ったんです。ジャズなどのブラック・ミュージック系のサークルってソロで活躍する人も多くて、例えば慶応のジャズ研と早稲田のジャズ研が一緒にライブをすることもよくあるんです。いろんな流れのなかで、いろんな人たちと繋がっていった。そしてアラタが声をかけて集まったのが、今のメンバーなんです。アラタ 一緒にやれる、一緒にやりたいなって思ったのがこのメンバーでした。グルーブのあるベースのカンさん、ジャムセッションの記憶が鮮明に残っていたアヤタケ、声がすごくいいナガツカさん。けれど全員が集まってくれるとは思っていなくて。カンさんはすでに働いていたし、アヤタケはバンドをやるタイプではなかったし。エザキ 僕らはみんな、実はミュージシャンになろうと思っている人たちではない気がしていて。音楽はものすごく好きで大切なものではあるんだけど、音楽だけで生きていくっていう気持ちを持って人生を歩んでいるわけではないんですよね。生活のなかで音楽にお金をかけていないことを実感している。YouTubeを無料で見る世代で、単純に音楽だけで暮らしていくことは難しいことなんだろうと。音楽サークルから出て、今も音楽を続けていて、音楽レーベル事業もやろうとしているし、ファッション・ブランドも立ち上げた。それを同時に考えられる世代なのかなと思っています。今は自分たちの価値観を最も提示できるのが音楽というだけ。自分たちの音楽を、ただただ音を出すということだけじゃなくて、いろんな角度から見つめられているのかもしれないですね。イノウエ ものすごく珍しいバンドだと思います。やりたいことをそれぞれ抱えていて、それぞれプロフェッショナルとしてそれを続けている。一方で、共通項である音楽で一緒に結ばれている。––– WONKをはじめたときは、どんなバンドの音をイメージしていたのですか。アラタ Jディラのビートを生バンドでやるっていうコンセプトは決めていました。エザキ 僕らが大学のジャズ研に入った頃は、ロバート・グラスパーなどが出てきた時代。そういうバンドが海外でも出てきたという共通認識を持っていましたね。今は、オーストラリアのハイエイタス・カイヨーテだったり、カナダのバッドバッドノットグッドだったり、同じような音楽を聴いて育ってきたけど、それぞれの国の独自性みたいなものをエッセンスとして何かしら残しているようなバンドになりたいと。––– WONKというバンド名にはどんな意味が込められているのですか。アラタ セロニアス・モンクのMをひっくり返してWにしただけなんです。エザキ 『Sphere』というファーストアルバムのタイトルはモンクのミドルネームですし、「epistroph」というブランドはモンクの楽曲。ジャズピアニスト界でも特異な存在であるセロニアス・モンクがバンドのアイコンになっていることで、WONKのもろもろがまとまっていると思います。アラタ モンクくらい攻めたいですよね。その勇気はまだないけれど。エザキ モンクのように、聴いた瞬間にWONKだとわかる音を作っていきたい。––– 去年の9月にそのファースト・アルバムをリリースし、今年3月にはヨーロッパツアーへ行きました。アラタ 好きな音楽が海外のもので、それを自分たちで追い求めているのだから、世界への視野はずいぶん前から持っていました。エザキ 音作りに関して、アラタとカンさんが中心にやっているんですけど、バンドでありつつ生音至上主義みたいなものを排斥しようという考えなんですね。アラタ 打ち込みの音に生音を近づけるという作業がけっこう多いかもしれないですね。イノウエ ミックスって引き算って言われるように、生音を生かして上品に仕上げていくというのが日本で多くやられていることだと思うんですけど、WONKの場合は、ミックスでどう音を付けていくのかっていうことも重要なんです。歪ませたり高音をカットしたり。ミックスも作曲の一環として捉えていますね。エザキ ベルリンとパリでライブをしてきました。日本でやっていることをそのまま自然な流れで受け入れてもらえたっていうのが成果のひとつ目。もうひとつはライブを企画したプロダクションのメンバーが同世代だったことで、ビジネスだけではなく半ば学生のノリが残っているもの同士が繋がりを持つことができたこと。その繋がりがあれば、ある種の壁は簡単に乗り越えられるんですよ。アラタ 国内だけではなく、インディペンデントで海外にも積極的に出ていく。その一歩を踏み出すツアーでしたね。いろいろあったけれど。

Oregon Clips 宝船はスペースシップとなり【DACHAMBOアメリカ・オレゴン紀行】

太陽が月によって覆われる皆既日食。ほぼ1年に1回、地球のどこかでこの天体ショーは行われている。今年8月21日、北米大陸を横断するように皆既日食が起こった。アメリカ、オレゴン州の沙漠地帯で開催された野外パーティーが〈OREGON ECLIPS〉。世界各国のパーティーオーガナイザーが集結して、世界各国からアーティストを招いて7日間に及ぶパーティーを開催した。日本を代表して出演したのがDACHAMBOだった。日蝕という特別な時間に受け取ったものとは何だったのか。文 = AO YOUNG text = AO YOUNG写真 = 宇宙大使☆スター photo = Uchu Taishi ☆ Star 皆既日食。 結論から言えば、はるかに想像を超えていた。噂でも写真でも知っていたし、ましてや2009年の奄美大島では、薄曇りだったが体験している。しかし、乾ききった壮大すぎる大地の果てで、ゆっくりと月が太陽に重なってくるなか、ぐんぐんと気温が下がりだし、はっきりと太陽と月と自分と地球が、ひとつの直線で結ばれた瞬間、鳥肌が止まらなかった。肉眼で見えるブラックホールな太陽と、それを取り巻く淡く青い光、間接照明のような360度のパノラマ夕焼けのなかで、口をぽっかり空けて立ちすくみながら、涙が止まらない感じ。奄美大島の時の涙はなんだったんだ!?(DVD『ECLIPSE ROAD』参照)てくらい、言葉にするほど嘘っぽくなるような、そんな全身で受け止める体験でした。 そして、そんな体験をしたその夜、あの一番デカいステージでライブをやれるなんて… 地球規模でこんなに光栄なことはないよって思ってしまう。

歌という音楽の核を発信すること【T字路sインタビュー】

一回耳にしただけで忘れられない声がある。そんな声はエネルギーに満ちている。歌という言霊。小さなバーでもビッグフェスでも、自分たちの歌を届けるというふたりのスタンスは変わらない。文=菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真=北村勇祐 photo = Yusuke Kitamura––– どんな経緯で、ふたりでT字路sをはじめたのでしょうか。妙子 ずっと3ピースのロックバンドをしていたんですけど、突然解散することになってしまったんです。弾き語りでもやろうかと思ったんでが、どうも心もとなくて。他にスカバンドでギターを弾いていたんですけど、そのバンドのライブのときに対バンで出ていて顔見知りになっていた篠に、何曲かベースを弾いてもらえないかってお願いして。やってみたら、なかなか調子が良くて。篠田 何本かライブをやったら、周りの人も「いいじゃん、いいじゃん」って言ってくれて。じゃあやってみようかということになったんです。––– それが2010年?篠田 はい、そうです。本格的にライブを始動させる前に、まずはデモを作ろうとふたりで話し合って、オリジナルですぐに作りはじめたんです。妙子 そのデモ盤を持って旅に出て。篠田 いちおう、そのデモ盤がファーストCDなんですけどね(笑)。ドラムがいないことで、居酒屋やバーのような場所でライブをさせてもらえた。ライブハウスだけではなく、いろんな場所でライブをするという文化を、多くのミュージシャンが開拓してくれていたおかげで、自分たちもいろんなところから声をかけてもらたんですね。––– T字路sというバンド名。なかなか個性的だと思います。妙子 人生どんづまりみたいな感覚になっていたときだったんですよね。十字路じゃなくて、壁にぶち当たっているからT字路。後付けとしては、ふたりを基本にして、いろんなミュージシャンに関わってもらいたいという気持ちも込めるということ。篠田 右に行くか左に行くか、みたいな心境ですね。––– ブルース的なニュアンスも聞こえてくるから、ロバート・ジョンソンの十字路をもじっているのかと勝手に思っていました。妙子 それもよく言われるんですけど、まったく考えていませんでした(笑)。もうひとつ、これも後付けなんですけど、日本語では丁字路が正しいじゃないですか。けれど今では、ニュースでさえTでいいとされている。篠も私も、昔の音楽がすごく好きで、それをさらに日本語で自分たち流に解釈してやっていくということも、丁字路じゃなくてT字路って感じがするなって思っていて。 やはり昔の音楽は好きなのですね。篠田 今の音楽も好きですけど、自分らが曲を作るとなったときに頼るのは、やっぱり古い音楽になっちゃいますね。妙子 新しいものも聞くけど、新しいものでも古い香りがするものが好きだったりするし。

今という時代の新しいシティポップ【Yogee New Wavesインタビュー】

自分たちが暮らす「東京」を自分たちの言葉と自分たちの音で表現するバンド。Yogee New Wavesのような音楽はシティポップと呼ばれている。90年代生まれによる新しい世代のシティポップが誕生している。文=菊地 崇 text = Takashi Kikuchi写真=林 大輔 photo = Daisuke Hayashi––– 2014年のルーキーアゴーゴー以来、3年ぶりの〈フジロック〉出演が発表されましたね。粕谷 バンドとしても、僕らの意識的なところも、大きく変わっていったのはそのルーキーアゴーゴーのステージでした。それまでは、大学のインディーバンドの延長のような感覚だったのかもしれないですから。––– 結成したのは2013年?角館 そうです。前にファンクバンドをやっていたんですけど、そのバンドを止めて新しいバンドをやりたいって気持ちが大きくなって。そう思ったときに対バンでライブをしていた粕谷に「お前、やれよ」と声をかけて。粕谷 僕も同じようにファンクバンドをやっていたんですね。別の大学でしたから、ある種のライバル意識もあって。角館 かつてはもっとゆるゆるとライフスタイルを大事にした音楽をやろうと思っていたんですよね。そのときの俺たちの合言葉的には「食うために仕事をして、生きるために音楽をしよう」みたいなことを言っていたんです。けれどなんかもっと本気でやらないとおもしろくないというか。音楽というこれだけ楽しいことが目の前にあるのに、20代のホットタイムを逃す手はないと考えて、音楽に全振りしようと決めて。粕谷 僕は会社を辞めて、健悟は大学院を退めて。角館 そしていろんな経緯があって、今年になってふたりに入ってきてもらって、今に至っているんです。––– ふたりはYogeeに入る前と入った後では、バンドに対する印象に変化はあったのですか。竹村 『PARAISO』を出したときに見ていて、それからはしばらく見ていなかったんだけど、メチャクチャ浮遊感がある音楽だと感じていました。入ってみると印象とはまったく違ってキッズなんですよね。音楽をすることの喜びとか衝動のようなものを、特に健悟は大事にしている。キッズの延長なのかもしれないけど、ピュアな愛情があって、それは人であったり物であったり現象であったり、さまざまなんだけど、いろんなことに対する愛情がストレートに出ているんですよ。そんなバンドに加われることが、本当にうれしいですね。上野 元気いっぱいでエネルギーに満ち溢れている。音楽を作ることも、全力じゃないと気が済まないというか。出てきたアイデアをすべて注ぎ込む。できるだけいいものを作りたいっていうエネルギーがものすごいんですよ。

音楽の消費速度が速くなっている 現在への提唱【D.A.N.インタビュー】

食は命をつくる。 美味しい食事は子どもたちに 笑顔と元気をもたらす。映画『いただきます』渋谷アップリンクで公開中。

旬の野菜や玄米を中心にした和食を昼食にする保育園。子どもたちは、残すことなく美味しそうに食べる。美味しいとはどういうことなのかを知る。 福岡県の高取保育園。ここでの昼食は旬の野菜や玄米を中心とした和食。しかも5歳のクラスの園児たちが自分たちで味噌を仕込む。作られている味噌は毎月100キロになるという。この保育園の1年間を追いかけたドキュメンタリー映画が『いただきます〜みそをつくるこどもたち』だ。 高取保育園の開園は1968年。西福江園長の「知育、体育、徳育の基本に食育がある」という教育理念のもと、アレルギーや食育という言葉がない時代から、アレルギー疾患の子どもたちを受け入れてきた。試行錯誤を重ね、行き着いたのが「日本の当たり前の食事」。添加物を使わない本物の食べものを選ぶこと。映像で印象的だったのは、子どもたちが美味しそうに和食を食べていることだ。ハンバーグやカレーといった、いわゆる子どもが好きとされる料理ではなく、味噌汁や玄米を残さずに食べている。なかにはお皿を舐めるように食べている子どももいる。好きという初期衝動が画面に溢れているのだ。 西園長の語録に「食は命をつくる」というものがある。確かに、食べることによって身体は作られ命が育まれる。日常ではついつい忘れてしまいがちな大切なことを、この保育園はしっかりと続け、それが園児に笑顔と健康をもたらしているのだろう。子どもたちは自分で食べるおにぎりも自分で握る。自分で作ったものは本当に美味しい。