atamanisyokku

Switch、Balance、88、Ljなど、数々のカルチャーマガジン&フリーペーパーの編集を歴任。国内外のフェスにも数多く参加し、フェスおじさんという愛称のもと、カウンターカルチャーやフェスカルチャーを広めている。

記事一覧(150)

ソウル&ファンクの新しい風=コン・ブリオ。サンフランシスコ・ブラックミュージック・スピリットの継承者が2年ぶりに来日。

 2年前のフジロックで初来日したコン・ブリオ。フィールド・オブ・ヘブン、そして深夜のクリスタル・パレスでの盛り上がりは、今も鮮明に記憶に残っている。このバンドのことを注目するきっかけになったのは、Suchmosがインタビューの際にその年にフジロックに出演するなかで気になるバンドとしてコン・ブリオの名前を挙げたことだった。ボーカルがすごくカッコよくて、ブラックミュージックの新しい風になるかもしれない。そんなことをSuchmosが話してくれた。 コン・ブリオは2013年にサンフランシスコで結成。ボーカルのジーク・マッカーターはまだ10代だった。活動をはじめた頃から、同じサンフランシスコを拠点としていたブラックミュージックのレジェンド、スライ&ザ・ファミリー・ストーンと比較されていたという。 ジーク・マッカーターが核となっているバンドではあるものの、個々のメンバーが持つ演奏力も確かなものがある。だからこそ、アルバムリリースの前にオースティンシティリミッツなどのアメリカのビッグフェスに出演を果たせたのだろう。 今年セカンドアルバムをリリース。ディスコ調の「I Wanna」やニルヴァーナ「Heart Shaped Box」のカバーなど、ソウル&ファンクをベースにしながら、さらにブラックミュージックを進化させている。 フジロック、そしてその後の来日ツアーから2年。ライブでどんな進化を聞かせてくれるのだろう。