ロックンロールをフレッシュにライブするキティー・デイジー&ルイス、1月22日から日本ツアー開催!

 あらゆるルーツ・ミュージックへの愛情と、ヴィンテージ・サウンドへの強いこだわりが感じられるイギリス出身の三姉弟、キティー・デイジー&ルイス。昨年秋にリリースされた4枚目のアルバム『SUPERSCOPE』では、作詞作曲やプロデュースだけではなく、エンジニアリングに至るまで、すべてを自分たち自身で行い、アナログに徹底的にこだわって制作されている。彼らにしかないポップ・センスが注入されたソウル、ブルース、ロックンロールが、驚くほどフレッシュに鳴り響いている。

 60年代や70年代の香りを感じさせつつ、現代のエッセンスが散りばめられたキティー・デイジー&ルイスのライブは、聞いても踊ってもハッピーになれる。2010年と2015年にフジロックに出演しているキティー・デイジー&ルイス。クリスタルパレスやフィールドオブヘブンで最高に盛り上がるライブといえば、3人の持つ雰囲気がイメージできるかもしれない。どの世代の音楽好きのハートにも届くライブになることは間違いない。



Kitty, Daisy & Lewis 来日公演 詳細


1月22日(月)、1月23日(火)

東京 渋谷 CLUB QUATTRO

開場 19:00 / 開演 20:00

1月25日(木)

名古屋 CLUB QUATTRO

開場 19:00 / 開演 20:00

1月26日(金)

大阪 梅田 CLUB QUATTRO

開場 19:00 / 開演 20:00

KITTY, DAISY & LEWIS|LIVE INFORMATION

待望のニュー・アルバムと共に、約2年振りとなる単独ツアーが決定!長女のデイジー、次女のキティ、長男のルイスで結成されたロンドン生まれの3兄弟によるロックンロールバンド。アイランドレコーズ等でマスタリング・エンジニアとして30年以上数多くの音楽に関わってきた父グラッツ・ダーハムと、伝説の元祖ガールズ・ポストパンク・バンドのレインコーツのメンバーであるイングリッド・ウェイスを母に持つ生粋の音楽一家に生まれる。幼い頃からヴィンテージの楽器に囲まれて育った彼等は、3人揃ってマルチ楽器奏者のソングライターで、曲によってヴォーカルや楽器を持ち替えている。10代前半の頃からノース・ロンドンにあるカントリーとロカビリー・ジャムのパブにてステージにあがり、地道なライブ活動とフェスティバルへの出演により次第に口コミで評判を呼ぶ事になる。そして遂に2008年に徹底的にデジタルを排除し、アナログ機材だけを使用した1stアルバム『Kitty, Daisy & Lewis』をリリース。音楽専門誌のみならずファッション誌をはじめとする各種メディアから大きな称賛を集め、エイミー・ワインハウス、コールドプレイから、デヴィッド・リンチ、ダスティン・ホフマンといったセレブリティにまで愛される存在となる。そしてその年の朝霧ジャムへの出演で初来日公演を果たし、2009年にはコールドプレイからラブコールを受けUSツアーをサポート。2010年にフジロックで再来日を果たし、翌年にはセカンドアルバム『Smoking in Heaven』をリリース。そして2014年夏に、かつてからファンと公言していた元ザ・クラッシュのミック・ジョーンズをプロデューサーに迎えてスタジオ入りし、翌年の頭にサードアルバム『Kitty, Daisy & Lewis The Third』をリリースし、そのアルバムを引っさげて春に行われた初のツアーは全公演ソールドアウト。そして秋には、かつてからファンと公言していたEgo-Wrappinとの対バンツアーも全公演ソールドアウトに。そして今秋には待望の新作『SUPERSCOPE』(9/29発売)のリリースが決まり、年明けには約2年振りの来日が決定!今回の新作も作詞作曲、プロデュースのみならず、エンジニアリングに至るまで、すべてを自分たち自身で行い、アナログに徹底的にこだわって制作されている。さらに磨

smash-jpn.com

0コメント

  • 1000 / 1000