食は命をつくる。 美味しい食事は子どもたちに 笑顔と元気をもたらす。映画『いただきます』渋谷アップリンクで公開中。

旬の野菜や玄米を中心にした和食を昼食にする保育園。子どもたちは、残すことなく美味しそうに食べる。美味しいとはどういうことなのかを知る。


 福岡県の高取保育園。ここでの昼食は旬の野菜や玄米を中心とした和食。しかも5歳のクラスの園児たちが自分たちで味噌を仕込む。作られている味噌は毎月100キロになるという。この保育園の1年間を追いかけたドキュメンタリー映画が『いただきます〜みそをつくるこどもたち』だ。


 高取保育園の開園は1968年。西福江園長の「知育、体育、徳育の基本に食育がある」という教育理念のもと、アレルギーや食育という言葉がない時代から、アレルギー疾患の子どもたちを受け入れてきた。試行錯誤を重ね、行き着いたのが「日本の当たり前の食事」。添加物を使わない本物の食べものを選ぶこと。映像で印象的だったのは、子どもたちが美味しそうに和食を食べていることだ。ハンバーグやカレーといった、いわゆる子どもが好きとされる料理ではなく、味噌汁や玄米を残さずに食べている。なかにはお皿を舐めるように食べている子どももいる。好きという初期衝動が画面に溢れているのだ。


 西園長の語録に「食は命をつくる」というものがある。確かに、食べることによって身体は作られ命が育まれる。日常ではついつい忘れてしまいがちな大切なことを、この保育園はしっかりと続け、それが園児に笑顔と健康をもたらしているのだろう。子どもたちは自分で食べるおにぎりも自分で握る。自分で作ったものは本当に美味しい。


いただきます みそをつくる こどもたち

10月7日より、渋谷アップリンクほかで全国順次公開

監督・撮影:オオタヴィン

ナレーション:石田ゆり子

映画館だけではなく、全国各地で自主上映会も開催されている。

itadakimasu-miso.jp

0コメント

  • 1000 / 1000