子供も大人も笑顔があふれるフェス=NAC 日本でもっとも居心地のいい大型フェス

 明日 (15日)の前夜祭から、2017年のNEW ACOUSTIC CAMPがスタートする。ライブをアコースティックに限定したことで、他では見ることができないミュージシャンの演奏を見られることもNACの大きな特徴だけれども、そのライブだけでは、きっとここまで人気を集めていなかったと思う。

 なぜNACがこれほどまでに人気あるフェスになったのか。それは緑に包まれた環境、その自然にマッチしたデコレーション、数々のワークショップなど、すべてが「居心地が良かった」からなのだろう。大人だけではなく、小さな子供にとっても楽しい時間。小さなフェスが居心地がいいのはもちろんだけど、8000人近くの人が集まって気持ちいい空間が保たれているのは、NACが筆頭かもしれない。ひとつひとつがNACでしか体験できないものが存在していて、その気持ち良さが人から人へと伝わっていって、今日に繋がっているのに違いない。

 オーガナイザーのTOSHI-LOWさんは、こんなことを口にしていた。「NACには壁がないんです。出演する我々も来てくれるみなさんも、みんなで作り上げるもの」。その言葉通り、ステージ立つミュージシャンが普通に会場を歩いているし、ミュージシャンが参加するワークショップも少なくない。ミュージシャンにとっては、ライブをしに行くのではなく野外に行く場所がNACなのだろう。

 今年は例年以上にバラエティ豊かなミュージシャンが揃った。ワークショップも、コロンビアが行っているアウトドアアクテビビティだけではなく、去年以上に充実している。すでに出発に備えて準備をしている人たちも多いだろう。去年は残念ながら雨だった。今年も台風が近づいてくるという予報が出されている。けれど、きっとNACの3日間は、水上に笑顔があふれる。

NEW ACOUSTIC CAMP 2017

開催日:9月15日(金・前夜祭)、9月16日(土)〜9月17日(日)

会場:水上高原リゾート200(群馬県水上町)

出演:OAU、LOVE PSYCHEDELICO、仲井戸“CHABO”麗市 with早川岳晴、ACIDMAN、EGO-WRAPPIN’、木村カエラ、チャラン・ポ・ランタン、ハナレグミ、他



0コメント

  • 1000 / 1000